50万円必要

急に50万円必要になった!ピンチの私を救ったのは…

ちょっとイヤな話になってしまいますが、聞いてください。28歳女性です。彼氏と1年ほど一緒に暮らしていたのですが、急に、別れてしまうことになりました。原因は、私の浮気。といっても、彼氏にはバレていません。彼氏が仕事で長期間家を空けていた間に、別の男性を好きになってしまい、彼氏のことはもう好きではなくなってしまって、私から一方的に振ったのです。

一緒に暮らし始めた頃から、私たちの間ではすれ違いが生まれました。別々に暮らしていた時ほど、なぜか愛情を持てなくなりました。あまりうまくいかないな・・・と感じていた矢先に、仕事で彼氏は地方に行きました。一人になった私は、別の男性に恋をしてしまいました。そして、3ヶ月ほど家を空けた彼氏が帰ってきても、もうまったく愛情を持てませんでした。

私は一度決めたら絶対にその気持ちを変えられない性格なので、すぐに彼氏に別れを切り出しました。彼氏はとつぜんのことに驚いてしまって、パニックになってしまいましたが、根の優しい人なので、私の頑固さもよく知っていて、引越しをすぐに決意してくれました。

私も、ひとりになってしまったら、この2LDKの家賃は払い続けることはできません。ですが、もともと、私の職場に近かったこのマンションは、私名義になっていましたので、彼氏が出ていった後の家賃は最低ひと月分は一人で支払わなければならなかったのです。引越しする時には3ヶ月前くらいには大家さんに言いますよね。とつぜんの別れだったので、大家さんに今すぐ言ったところで、すぐに引越しできるわけではありません。

後から冷静に考えれば、家賃を抑える方法もあったかもしれないのですが、私は、昔から溜まっていた元彼氏への不満もあり、新しい彼氏に夢中になっていたこともあり、頭に血が登り切ってしまっていて、とにかくいくらお金がかかっても、早く別々の場所で暮らしたかったのでした。もう、顔を見るのもイヤになっていました。

彼氏の引越し準備ができる間、友達の家に泊まったり、ビジネスホテルに泊まったりしたこともありました。それにくわえて、家賃もひとりで支払わなければならなかったので、急にお金がたくさん必要になってしまいました。さらに、私自身も引越し先を見つけなければなりません。引越しにはもちろんお金がかかるので、とにかく今の稼ぎだけでは一気にお金を払うことはできなくなりました。

できれば、50万円必要です。50万円ものお金を誰に借りたらいいのでしょうか。しかも、理由が、恋愛のトラブルですので、人に頼るわけにもいきません。親にも、引っ越すことは伝えますが、その理由や、具体的な金銭状況なども告白するわけにはいきません。

そこで、私はカードローンに頼ることにしました。カードローンなら、使い道は自由にお金を貸してくれます。彼氏に借金するのも絶対に絶対にイヤでしたから、カードローンのような会社に後腐れなく借りるのが、今回の状況にもっとも合っているように思いました。人間関係のトラブル回避はお金ではなかなか難しいですが、カードローンなら、金利さえ払えば、私のピンチな状況をすっきり解決してくれるのです。

それでも、金利を支払いすぎるのはやはり生活を圧迫してしまうので、キャンペーンがあるところを選びました。初めてのお客さんなら、金利を期間限定で無料で貸してくれるというキャンペーンを見つけたので、そのキャンペーンが決め手となって、その大手のカードローンで必要な50万円を借りることにしました。

とはいっても、いきなり50万円借りるのは予想以上に大変でした。カードローンの一社に通っても、30万円しか借りられませんでした。年収の3分の一までは借りられるということでしたので、私の年収だと50万円は借りられるはずだったのですが、やはり新規のお客さんにはいきなり50万円は貸してくれないようです。

後の20万円は、クレジットカードや貯金などでどうにかなったので、ピンチは逃れることができましたが、やはり30万円のカードローンは大助かりでした。キャンペーンのおかげで、思ったよりも金利を支払わずにすみましたし、とにかく、後腐れなくお金を借りることができるというのが、カードローンの良さだと思いました。私も新生活が踏み出せて、気持ちがスッキリしました。もし親や彼氏に借金していたら、期限もあるようでないようなものですし、モヤモヤしたままの日々だったと思います。こういう人間関係のトラブルこそ、業者に頼るべきだと思いました。

徹底理解、アコムが保証会社の銀行ローンの実情

三菱東京UFJの提携し、保証会社となっているアコム。近年、消費者金融と銀行の提携が進んでいますが、その目的はいったいどこにあるのでしょうか。

多くの人が指摘しているとおり、その一番大きな理由は貸金業法改正による総量規制、つまり消費者金融からは年収の3分の一以下の借入しかできなくなった、という背景が関係しています。それによって業務縮小を余儀なくされた消費者金融はどこに助けを求めたか?そうです、それが総量規制の影響を受けない銀行だったのです。アコムの場合も同様です。東京三菱UFJにいわば名前を借り、銀行という受け皿を得て、実質は保証会社たるアコムが業務をする、という形です。

さて、わたしたちは一般的に銀行は審査基準が高い、という認識があります。しかし、昨今の貸金業界の再編により、その様相の変化しつつあります。つまり、消費者金融と提携した銀行は、確かに銀行系カードローンではあるのですが、審査は実際は保証会社の基準で行っている、というのが現状です。ですから、三菱東京UFJグループだ、と思ってしまいますが、実質は消費者金融のアコムの「緩い」基準で審査されている、ということです。結局、銀行としても審査を厳しくしても誰も借りる人がいなければ商売あがったり、というわけです。

その結果、いままではサラ金が銀行で借りられなかった人たちの受け皿だったはずが、総量規制に引っかかり消費者金融で借りられなかった人が、銀行ローンで、しかし実質は消費者金融の緩い基準で借りられるというなんとも奇妙な現象が生じているのです。

こうなるとあとは借りる側がセルフコントロールするしかない、ということになります。

レイクのカードを紛失したときの緊急マニュアル

新生銀行のレイクは無利息ローンで有名です。それゆえに借入れたことがない方がちょっと試してみよう、いうことも多いのではないかと思います。借入はレイクに電話やネットで申し込み、口座への振込という形でなされることも多いと思いますが、レイクカードを使ってATMから引き出すことも可能です。

さて、カードでの引き出しですが、ATMが全国津々浦々にあり、便利なのはいいのですが、紛失してしまうリスクもそれだけ高いということになります。そして、それなりのセキュリティーの対策がなされているとはいえ、勝手に引き出される可能性が高いとなれば、そのときの対処方法をまえもって知っておくことは大切です。

なんといってもまず最初にしなければならないことは、レイクに電話して、紛失届けをして、カードの利用を停止してもらうことです。もし、仮に別の第三者に利用限度額いっぱいのお金を借り入れられたとしても、それが自分が引き出したのではないことを証明することは至難の業です。ですから、なんとしてもそんな事態になることだけは避けなければなりません。

さて、無事利用停止の手続きがなされたら、今度は再発行の手続きです。店頭ではもちろんできますし、運転免許証や健康保険証を使って、無人契約機でも再発行の手続きが可能です。

最後にまえもって出来る紛失対策を述べておきましょう。それは利用限度額を必要最低限にしておくということです。もし限度額を低めに設定しておけば、万が一第三者にカードを拾われ、口座の中身が引き出されたとしても、大事件には至らない、というわけです。

モビットでの借入の残高はあなたの返済にこれだけ影響する!

モビットのカードローンも他社と同じように返済はリボ払いを採用しています。なぜなら、カードローンは利用額の範囲内で、そのたびごとに借り入れ額が変動しますので、ある時点で全体の借入額を確定して、それを分割で返済する、というのが不可能だからです。

このリボ払いについては多くの皆さんがわかったようでいて、いまいち分割払いと区別がつかないでいる方もおられると思います。リボ払いは借り入れたお金の残高に応じて、毎月一定額を返済する、というシステムです。毎月の支払額が一定であるので、予算を立てる上ではわかりやすく、短期的にみると負担が少ないように感じるのですが、長期的にみれば多くのコストを払わされるシステムです。

例えば、あなたが50万円をカードローンでモビットから借り入れたとしましょう。リボ払いによる毎月の返済は1万円です。もちろん、50回支払って終わるわけではありません。なぜなら、金利を含めなければならないからです。実質年率18パーセントの金利が付きます。ややこしい計算はここでは省きますが、1万円を支払った場合、金利分はそのうちの3000円くらいで、残りの7000円は元本の支払に回されます。次回の支払いの際には、やや減った元本に対してまた利息が付きます。そんなことを繰り返していくと大体どのくらいで返済をし終えるのでしょうか。答えは60回です。

では、その支払終えた場合の利息の支払は合計どのくらいになるのでしょうか。これもややこしい計算はここではしませんが、10万円くらいになります。これは貸金業者にとってはまさに錬金術です。もともと50万円だったお金が数年を経てなんと10万円上乗せされて返ってくるわけです。

それもこれも毎月の支払が少ないことに起因しています。それゆえ毎月元本がほとんどへらず、ずっと利息が生み出され続けていた、ということなのです。ですから、リボ払いには注意してください。モビットでカードローンを借りた方はできれば、繰り上げ返済をしてとにかく早めに元本を減らすことです。

金欠の人は借り入れの際に風水のパワーを活用だ!

金欠で悩んでいるひと、多いと思います。そんなあなたにおすすめなのが、風水の理論を利用したキャッシングです。風水とキャッシング、いったいどんな関係があるのか、と思われるかもしれません。いかに少しご紹介しましょう。

そもそも風水とは気の流れに意識的であることから始まります。それで気の流れが滞らないように家具の位置や家の構造、保持するアイテムの色などに注意するわけです。ここで風水の理論をキャッシングに活用する、というのはなにもカードを入れるお財布を買い換えましょう、とか、色を何色にしましょう、と言おうとしているのではありません。そういう上辺だけのことではなく、お金の流れに意識的であり、その流れを滞らせないようにする、ということです。

ということはまずキャッシングをなんとなく、あるいは衝動的にしない、ということから始めなければなりません。なぜならば、借り入れだけが膨らみ、返済が滞ってしまうとお金の流れを止めてしまうことになるからです。たとえば、あなたがなにも意識しないで5万円を借りたとしましょう。次回の給料日でもその5万円は返しきれないとするなら、そのお金の停滞はずっとあとあとまであなたの金運に影響を与え続けるわけです。

それに対して、まず給料日にいくらなら返せるかを考えた後に、例えば2万円借りるとします。借りた2万円に対して楽に2万円を返済できるとすれば、そこに「滞り」は生まれません、お金が自由に流れていくのです。そうした流れは自然に生まれるわけではなく、普段からお金の使い方を記録するなどして意識することから初めて生まれます。

そうです、金運は降って湧いてくるものではなく、風水理論を活用して、自ら作り出すものなのです。

キャネットから融資を受ける際に気をつけたいこと

皆さんはキャネットという貸金業者をご存知ですか?ネットで検索すればすぐに公式ホームページに辿りつくことができます。みていただくと、わかりますが、消費者金融大手も顔負けの大変見やすく、洗練されたデザインのホームページになっています。融資金額の上限は300万円、金利は15~20パーセントですから、数字だけみるとごく一般的な消費者金融という感じがしますが、実際のところどうなのでしょうか?このキャネットからの借り入れですが、いくつかの点をご注意いただく必要があります。以下、いくつか簡単にあげてみたいと思います。

まず、第一にこのキャネットから借り入れする人の対象ですが、主に北海道の人となっています。北海道以外の地域にお住まいの方も借り入れは可能ですが、注意点があります。それはネット、ファックス、郵便による申し込みに限り、電話での受付はしていない、ということです。

また他の大手消費者金融顔負けのスピーディーな対応を心がけてくれていますが、24時間いつでもすぐに対応してくれる、というわけではありません。これも他の貸金業者と同じく時間内の申し込みが必要ですが、とくにキャネットの場合、午後3時までの申し込みに限って当時の対応が可能です。

さらに会社によっては借り入れが不可能に近い専業主婦も配偶者の同意を条件として借り入れを審査してくれます。多くの消費者金融は現在は専業主婦への貸付を原則として行っていないことを考えると、キャネットのこのサービスはありがたいですよね。また、同様に個人事業主も一般的に収入が安定しないため、借り入れが難しい、とされていますが、キャネットでは四角四面にダメと断定するのではなく、貸付を検討してくれるのです。

北海道にお住まいのかたは是非検討していただきたいキャネットからの借り入れです。

少しでも多く借入をしたい人へ、可能額はこうやって増やす

カードローンの良いところは、一度審査に通れば認められた利用額内で繰り返し借り入れができる点です。本来では、借金をするたびに審査を申し込むのが原則です。なぜなら、借り手の経済状況は絶えず変化するからです。

この点でいわば貸金業者も一定のリスクを覚悟でカードローンの利用可能額を決定します。ですから、当然最初の借り入れからいきなり多額のお金、数百万円を借り入れることなどできないのは当たり前ですよね。

しかし、使っているとその便利さに慣れてしまって、できることなら少しでも利用可能額を増やして行きたい、というのが利用する側の心理です。では、利用可能額を増やすためにはどうすれば良いのでしょうか。

利用可能額を増額する際には再度の審査が必要になります。ですから、その時までには貸金業者の信頼を勝ち得ていることが必要です。具体的に言うならば、それまでの取引において借りたものを返す、という当たり前のことがきちんとできているかどうかが問われるわけです。貸金業者との関係も最終的には信頼関係、といっても過言ではありません。貸金業者ももしあなたが信頼できる人、と判断するなら、利用可能額の増額はそんなに難しいことではありません。

あと、もう一点、念頭においておきたいのは他からの借り入れをしない、ということです。これは貸金業者からの信頼を勝ち得るためにも必要ですし、実質的に限られたあなたの収入を分散させてしまいますので、返済が困難になってしまいます。借り入れも恋愛と同じように一途が大事です。

以上の店を念頭において頂ければ、利用可能額の増額は十分可能です。

プロミスで追加融資を受けるためにはこうする!

プロミスでお金を借りている方の中にはいまの融資額じゃ足りない、という方がおられるかもしれません。もちろん、プロミスのカードローンの場合、利用限度額がまえもって決められているので、その利用限度額内であれば繰り返し借り入れることができます。

しかし、時経つうちに利用限度額自体が少なく思えてきます。では、その場合にはどうしたら良いのでしょうか?その場合にはまずそのことをプロミスに連絡します。そうすれば、プロミスは再度あなたの返済能力を審査してくれます。それも考えてみれば当然です。プロミスにとって、あなたはすでに取引相手、お客であり、見ず知らずの人ではないとしても、50万円借りるのと、200万円借りるのとやはり大きな違いがあります。

では、審査の際に重要なポイントはなんでしょうか?それはこれまでのあなたがプロミスと繰り返してきた取引です。プロミスにとって一番ありがたいお客というのは、お金を繰り返し頻繁に借りてくれるが、きちんと返済日まで返してくれる人です。あなたがお金を貸す側になれば、きっと同じことを願うのではないでしょうか。貸金業者との関係といっても、結局は友人との関係と同じ、大事なのは信頼関係です。そして、信頼関係はすぐに培えるものではなく、一定の時間とこちらの側の誠実さが求められる、ということです。

ですから、今後いつプロミスから追加融資をしてもらうかわからないとしても、プロミスにとって優良なお客さんになりましょう。そうすれば、来るべき時に何ら問題なく追加融資、カードローンの利用額増額ができるでしょう。

初めてお金を借りるなら知っておきたい3つのこと

いまや世の中、キャッシングは当たり前。しかし、キャッシングとは借金であり、そんなに簡単に踏み越えていいわけではありません。それなりの覚悟と準備が必要なのも事実。以下はお金を初めて借りる人に知っておいてほしい基本的な事柄です。一緒に見てみましょう。

まず第一は借金をするときには計画を立てることが大事です。つまり、勢いで借金をしないようにしてください。多くの人が衝動的に借金をして、あとで返済不能になってしまって自己破産をせざるを得なくなったりしています。それで、お金が必要だと思った時には、借り入れがこのくらいだと、どのくらいの期間をかけて返済する必要があるのか、毎回の返済はどのくらいになるのかをまずはよく見極めて、イメージしましょう。できれば、紙に書き出すのが一番です。それも面倒くさかったり、よく分からないなら、各会社にはシュミレーションできるサービスがありますので、それを活用しましょう。

第二に金利についてきちんと理解しましょう。各会社のホームページなどをみると金利は「実質年率」で表示されています。つまり、これは1年間借りた場合にかかる金利です。消費者金融からカードローンを借りたら、実質年率は大体18パーセント、銀行はこれより3~4パーセント低い感じです。もし、1年より短期間で返すなら、日割り計算になります。実質年率を基準にして、一日あたりの金利を出し、それに日数をかけると、あなたが払う金利が計算できます。

最後にお金を借りるなら、少なく、短く、が大原則です。つまり、額が少なければ、当たり前ですが、その分楽に返済することができます。また、金利も少なくて済みます。返済期間を短くすることも金利を減らすことになりますし、返済を先送りする癖をつけない、という点でも非常に大事です。

初めて借りる方は上の3点をよく覚えておいてください。

これだけは知っておこう、カードローンにはこんなリスクがある

広告や宣伝が溢れ、いまや日本人にとって当たり前になってしまったカードローン。どんなものもそうですが、便利な道具やサービスはいいことばかりではありません。カードローンに関しても気をつけるべきことをきちんと認識しないと、痛い目にあってしまいます。以下、カードローンに関してこれだけは気をつけたい、という点を挙げてみましょう。

まず、第一にカードローンでは借りすぎに注意です。一般的に借金は借りる度に審査が必要なものです。しかし、カードローンでは一回審査を受けてしまえば、借りいれることのできる利用限度額が決められ、その限度内では自由に借り入れができてしまいます。しかも、その借り入れは最近は提携銀行ATMを始め、コンビニATMでいつでもどこでもできてしまうので、なんとも誘惑的です。カードローンの繰り返しの借り入れに慣れてしまうと、それが借金であるとの認識を失ってしまう人たちがいます。それも分からないではありません。やっていること自体は自分の口座からお金を下ろしているのとほとんど変わらないからです。

次に気をつけたいのは金利の問題です。消費者金融からお金を借りると金利は平均的には年率18パーセント、銀行から借り入れるとすれば3~4パーセントは低めでしょうか。いずれにしても目的型のローンと比べたら決して低い金利ではありません。

そして、最後に支払い方法です。一般的にはリボルビング払いという方法が取られていますが、一見すると借り手に非常に優しいように見えて、なかなか元本が減らず、いつまでも利息を払わされてしまう方法です。ですから、支払明細書などを確認して、自分の元本がどのくらいなのか、この先どれだけの利息を払わなければならないのかを分析しましょう。

こうした点を踏まえて、賢くカードローンの使い方を申し上げます。これは一つしかありません。それはずばり、少額のお金を短期で返す、ということです。是非、肝に銘じておきましょう。

モビットでキャッシング、「利息だけ返済」の怖さ

モビットで借金を重ねてしまって、多重債務者になってしまった方、きっと返済のプレッシャーが厳しいことと思います。これは別にモビットだけに限ったことではありませんが、返済が滞りはじめると、貸金業者もひとつの提案をしてくることがあります。それは金利だけの返済です。

実はこの返済方法ですが、一般の消費者金融というより、闇金融で極めてよく用いられる手法の一つです。なんでこの手法が使われるかと言いますと、債務者の側としてはとても返済まで手がまわらないので、金利だけ返済する、貸金業者としてはそれを条件として次の返済日まで繰り越すことを許して、完全に債務不履行には陥らせないために使われます。金利だけ支払って、次の返済日までなんとか繰り越せるため、「ジャンプする」と言われたりします。

さて、このジャンプ、一見すると、なんとか返済日のプレッシャーを乗り切っているように見えるのですが、実は根本的な解決に何もなっていないことがお分かりいただけると思います。この方法をなぜ闇金融がよく使うのか、というと元本を残しておきさえすれば、極端に言えば未来永劫金利を剥ぎ取ることができるからです。つまり、キャッシングしたはずの自分が、貸金業者にお金を貢ぐマシーンになってしまう、というわけです。何とも恐ろしいことですね。

では、いったいどうすればいいのか、ということになりますが、とにかくモビットにおいても、少しでも早めに元本を減らすことです。モビットは正規の金融会社ですから、異常なスピードで金利が増えていくことはありません。ですから、ジャンプが可能だからといって、それに甘んじてしまうことなど絶対してはいけません。

鍵はとにかく元本を減らしていくことです。